日本アレルギー学会男女共同参画記念講演

 

 

岡松由記医師の記念講演

 

 

6月18日、東京国際フォーラムで行われた日本アレルギー学会男女共同参画委員会企画のセミナーにおいて、第1回男女共同参画奨励賞を受賞した岡松由記医師(飯塚病院小児科部長、久留米大学医学部小児科、元気プロジェクト委員)が、記念講演を行いました。

 

岡松由記医師

 

 

岡松医師の講演テーマは、「離職中医師が復職するために私たちがはじめた事」です。

岡松医師の所属する久留米大学医学部小児科では、10年前から出産や育児等の諸事情により休職している医師を対象に、「ブラッシュアップセミナー」を実施しています。

今回の受賞は、10年間の活動が評価されたものです。

 

講演内容

○第1回は、同門の開業医が発起人となり始めたが、2回目以降は久留米大学小児科医局が主催している

○ブラッシュアップセミナー開始時よりも、最近は離職期間の短い人が受講する傾向にある

○久留米大学以外からも受講している

○セミナーを通して、社会と触れあうきっかけになる

今後の課題:セミナー受講生は復職しているが、常勤に復職するしている人は少ない

 

 

授賞式

 

記念講演に先立ち、授賞式が行われました。

 

 

 

会場となった東京国際フォーラム