日本医師会女性医師支援センター事業九州ブロック会議がありました!

日本医師会には女性医師支援センター事業があり、平成26年から毎年各地区で、ブロック会議が開かれています。

今年は、12月16日に大分のレンブラントホテルで開かれました。

 

元気プロジェクト委員会からは、吉田典子委員と守屋普久子副委員長が参加しました。

 

例年通り、各県における女性医師支援のトピックスについて報告がなされ、その後、「新専門医制度が始まるにあたり、産後・育児休暇後復帰にあたっての取組と今後の支援」と「病児保育の実情並びに成功事例について」、これも各県から報告がなされました。

 

 

会議の後、懇親会が開かれました。

上の写真は、福岡県、長崎県、佐賀県、熊本県の担当者の集合写真です。

 

この会で、毎年お会いする方が多く、情報交換や意見交換も、スムーズに進むようになりました。

 

(文責M)

今年は報告課題が多く、十分な議論に費やす時間が足りなかった印象でした。

せっかく皆で集まったので、もうちょっといろいろ話せる会になるといいと思いました。