(報告)「TEAMで安心を育てる」講習会

 

3月14日に、ANAビジネスソリューション(株)の石井和宏講師をお呼びして、

「TEAMで安心を育てる」の講習会を、久留米大学病院で開催しました。 

 

 

当日は、学内外から52名の参加者がありました。

(参加者内訳 医師12名:看護師20名:臨床検査技師7名:薬剤師1名:その他12名)

 

 

講習会内容(参加者からのコメントをともに)

 

○近代医療は、医師がピラミッドの頂点ではなく、TEAMでやっていくもの。

 TEAMとしていかに安全を確保するかを考えなければならない。

 講習中にあった権威勾配も低い方がよくて、若い医師の権威勾配は少ないと考えるのではないか。

 

○とても有益な講習会だった。

 エラーチェーンの話はまさにその通りで、どこかで誰かが気づいて、チェーンを切らなければならない

 

○全職員が聞くべき内容と思う

 

○エラーチェーンを切ることや、組織としてエラーをストップできなかった話など、印象的だった。

 気付いたことをお互いに言いやすい環境、組織的にも報告しやすい環境を作り、

 その情報を共有することが重要と感じた。

 

○講習会を通して、安全を守る真のTEAMとは何かを一番考えた。

 組織は、仕組みと行動の両輪で動かないといけなくて、個々の能力が生かされないといけない。

 また、情報を発信する側と情報を受け取る側のコミュニケーションも大事と学んだ。

 

○とても良い講習会だった。もっと医師に参加して、聴いてもらいたかった。

 

○権威勾配の打破!

 

 

講習会後アンケートでは、「有意義だった」と答えた人:84%、「まあまあ有意義だった」と答えた人:16%でした。

 

参加者からの評価が大変高く、もう一度開催したいとの声が顕著にみられました。

 

最後に、石井講師より紹介された文献を列記します。

「ANAの口ぐせ どんな問題もチームで解決する」

            (ANAビジネスソリューション:KADOKAWA中経出版)

「緊急発言 いのちへⅡ」 (柳田 邦男著:講談社)

「失敗の科学」   (マシュー・サイド著 有枝 春 訳:Discover 21)

「人は誰でも間違える(To Error is Human)」  (米国医学研究所邦訳:日本評論社)

 

元気プロジェクト委員長の山川良治医師(眼科学・主任教授)の開会の挨拶

司会で元気プロジェクト委員の深水亜子医師(循環器内科・講師)と石井和宏講師

ANAビジネスソリューション 石井和宏講師