第2回たこ焼きランチョン「2020.30実現を目指す地区懇談会ー久留米八ちゃん会」  無事終了しました

 

平成28年11月15日、第2回たこ焼きランチョンを行いました。

 

会には、医学科5年生の学生さんや医師など、計23名の参加がありました。

 

まず、元気プロジェクトの山川良治委員長によるご挨拶のあと、久留米大学放射線科所属で、総合健診センターで週1回働いておられる加來雅子先生に、子育てと仕事の両立について、お話をして頂きました。

 

放射線科所属の加來先生は読影の仕事をされながら、今年8月から総合健診センターでも週1回、働いておられます。

 

 

次に、久留米市男女平等推進センター相談員の石本宗子講師に、「外来診療で遭遇するDomestic violence(DV)」について、お話していただきました。

 

久留米市は、全国的にDV対策の進んだ街だそうです。

 

DVは、ある日突然、自分が被害者・加害者になる可能性があります。

また、医療従事者として、DVを疑う患者に遭遇する可能性があります。

このような時は、是非、久留米市男女平等推進センター【久留米えーるぴあ内】に、相談されてください。

久留米市男女平等推進センター 電話 0942-30-7800

 

石本宗子先生

石本宗子講師

 

 

 

 

 

 

会の終わりに、福岡県医師会理事で男女共同参画担当の佐藤薫先生に、閉会の挨拶をして頂きました。

 

閉会の挨拶をされる佐藤薫先生

閉会の挨拶をされる佐藤薫先生

 

 

 

会を終えて・・・

今回も、株式会社八ちゃん堂さんのご協力のもと、たこ焼きとマンゴーをお出しできました。

前回は、たこ焼き作りの最中にブレーカーが落ち、しかもそれに気づくのが遅れたために、皆様に大変ご迷惑をおかけしました。

今回は大きなトラブルもなく、会を進めることが出来ました。

また、参加者から「揚げたこ焼きは、電子レンジで温めるより、美味しいね」と、コメントをもらいました!!

 

 

第3回も、ご期待下さい!!