元気プロジェクト委員会について

元気プロジェクト委員会について

1.元気プロジェクト委員会の概要

 

 「元気プロジェクト委員会(男女共同参画事業推進委員会)」です。

 我々の委員会は、鹿毛政義先生(久留米大学名誉教授)を初代委員長として、平成26年5月に正式に委員会として立ち上がりました。

 委員会の活動目的は、以下の3点です。

 「女性医師のキャリア支援」

 「勤務医の働き方の見直し」

 「医学教育へのキャリア教育の導入」

 

 現在は、久留米大学病院副院長の山川良治(眼科学教授)を委員長に、活動を進めています。

 

 設立当初は、週1-2回の勤務が可能な総合健診センターや総合周産期母子医療センターのパート医師制度の設立など、特に女性医師の復職支援に取り組んで参りました。

 平成28年度に、久留米大学病院が、「厚生労働省女性医師キャリア支援モデル普及推進事業」を受託したことをきっかけに、活動範囲は一気に広まりました。

 現在は、女性医師の復職支援に限らずキャリア支援も見据えた ”つながろカフェ”(日本医師会女性医師支援センター主催)、「国民的ソウルフードで男女共同参画を語る」をキャッチコピーとする ”たこ焼きランチョン”、女性医師や働き方に関する諸々のアンケート実施、久留米大学医学科新カリキュラムでの男女共同参画やキャリア教育講義の担当、学生交流会「先輩医師と話そう」(福岡県医師会主催)等、久留米大学病院を中心に活動しております。

 現在、委員会は以下の組織図で動いております。

 

(PDF)元気プロジェクト組織図

 

 

 

 

2.委員会の開催

 平成28年4月以降は、隔月での委員会を開催しています。
 
  

3.委員会メンバー

 男女共同参画は、女性だけでなく男性にも関連するテーマですので、委員会のメンバーは男性と女性がほぼ同数となっています。

 またメンバーの職種が多岐にわたるのは、男女共同参画は医師だけでなく、病院で働くすべての職種の方が享受されるべきであるとの理念に基づいています。

役 職

氏名

所属

職種・役職

委員長

山川 良治

医学部眼科学

医師・教授・副院長

副委員長

守屋普久子

医学部病理学

医師・助教

 

委 員

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

青木 加奈 

久留米大学病院管理課 

職員 

安陪 等思

医学部放射線科

医師・教授

有永 照子

医学部消化器内科

医師・講師

井上 泰 

久留米大学病院管理課 

職員 

上野 千昭 

久留米大学病院看護部 

看護師・部長 

牛島 一男 

医学部麻酔科 

医師・教授 

牛嶋 公生

医学部産婦人科

医師・教授

河野光一郎

医学部産婦人科

医師・講師

近藤礼一郎

医学部病理学

医師・助教

角 祥子 

久留米大学病院病院病理部 

 検査技師

長主 祥子 

医学部外科 

医師・助教 

中川 慎一郎

医学部小児科

医師・助教

中山 ひとみ

医学部内分泌代謝内科

医師・講師

深水 圭

医学部腎臓内科

医師・教授

 松尾 規和

 医学部呼吸器内科

 医師・助教

松岡 秀洋

総合健診センター

医師・教授

満尾 美穂 

医学部小児科 

 医師・助教

吉田 典子

人間健康学部

医師・教授

 渡邉 志穂

医学部眼科学 

医師 

陪席委員

 

人事課・給与厚生課

担当者

久留米大学人事課・給与厚生課

職員

 岡松 由記

 飯塚病院(医学部小児科)

医師・助教 

 

 委員会には、現在3つのワーキンググループ(WG)があり、小グループでの活動を進めています。

 WG  医学教育チーム 松尾 規和(リーダー)、守屋普久子、岡松 由記

    つながろカフェ運営委員会 深水 亜子、有永 照子、中川慎一郎、渡邊 志穂、満尾 美穂

    ワークライフバランス検討委員会 吉田 典子、近藤礼一郎、中山 ひとみ、守屋普久子