マタニティ白衣のレンタルを始めました!

 

妊娠が進んで腹囲が大きくなると、いつもの白衣が合わなくなる―出産経験のある女性医療従事者には、同じような経験をお持ちの方は多いことでしょう。

以前なら、大き目の白衣を着ていましたが、

今は、マタニティ白衣という便利な白衣があるんです!

 

島根大学病院が開発した白衣で、腹囲が調整できる工夫がなされています。

当院も購入し、レンタルを開始しました!

レンタル対象は、医師、薬剤師、臨床検査技師です。

 

 

レンタル第一号は、放射線科の先生です!

 

 

 

この先生は、妊娠8か月中期に入って、いつもの白衣がパッツンパッツンになり「どうしよう…」と思案していたところ、所属長の安陪教授からマタニティ白衣のレンタル事業を聞かれ、早速レンタルに来られました。

 

産休に入られる約3週間のレンタルではありますが、「腹囲を気にしなくてもいいし、体型がスッキリと見える!何よりも快適に過ごせます!」と、とっても喜ばれました。

 

後日の職場訪問

放射線科医としての仕事をバリバリとこなされておられました。

 

 

 

文責Mのつぶやき

「妊娠期間を快適に過ごせる」とのコメントは、目からうろこでした。

妊娠も後期に入ると、腹囲が大きくなり、通常の白衣がきつくなります。

これまでは、男性用の白衣を着用するなどで対応しましたが、男性用では肩幅や丈の長さがぶかぶかで、”快適さ”というキーワードからは、ほど遠い状況でした。

マタニティ白衣は、産休に入るまでの妊娠後期をハッピーに過ごせる、快適なウェアですね。